戸村矯正歯科クリニック 顎口腔機能診断施設・育成更正医療指定機関
トップページ 医院紹介 治療の流れ・費用 治療例 二期治療とは 矯正のメリット 初診のご予約
Merit 矯正のメリット
矯正をすることによって健康や精神面において以下のようなことが改善されます。
虫歯や歯ぐきの病気になりやすい 正しくはっきりとした発音がしづらい 心理的な影響を与える
重なりあっていたり噛み合わない歯があると、食物のカスがたまりやすくなり、歯磨きもしにくくなってしまい、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなってしまいますります。 ひどい出っ歯、上下の歯が噛み合わない、受け口などの場合、電話での会話や外国語を話す時に正しい発音が出来ず、相手に意味が通じないことがあります。 悪い歯並びを気にして人前で話したがらなくなったり、容姿を気にしたりして友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。
物をかみにくい 顎の成長を妨げる 肩こりの頭痛の原因にも
歯並びが悪いとどうしても物がかみにくくなってしまいます。それが消化不良などの原因となり、体の健康や発育にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。 歯並びが悪いと顎の成長にも影響し、上下の顎のバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。 顎の関節や筋肉に悪い影響を与える為、肩こりや頭痛などの原因となったり、姿勢が悪くなることもあります。

知っていますか?矯正歯科治療のメカニズム
歯は力を加えることにより歯槽骨(歯の植わっている骨)の中を移動して行きます。

歯の根の周りには歯根膜という繊維の組織があり、歯を移動させる際その繊維の圧迫側に骨を吸収する細胞ができ、反体の牽引側には骨を作る細胞ができ、ゆっくりと骨の中を移動しますが、例えば地面にさした棒を引っ張ると抜け出ながら移動し倒れるように、歯の移動にも当然引っ張ることにより、抜け出る力がかかります。その様なことが口の中で起これば歯が上方にも移動することになります。
ですが、人間には噛むという筋力があり、その噛む力、咬合力が加わることにより歯の上方への挺出を防いでいるのです。

しかし、患者さんの中には鼻が詰まることにより口呼吸したり舌をはさんで物を飲み込む癖の人がいます。このような人は、咬合圧が弱いことにより、歯の挺出をまねいてしまい、上下顎間の距離が長くなり美しい口元を得るのが困難なる場合があります。その様な患者さんには、耳鼻科にて治療を受けてもらったり、舌癖の訓練をすることにより改善を計ります。
しかし今までその筋力の働きで過ごしてこられ急に筋の機能を代えることは大変難しいことです。ですから矯正治療の中でその様な人たちの治療は難しいということになります。ですが、本人のやる気があれば十分な改善は見込めます。

非抜歯法
矯正治療には、歯を抜く抜歯法と抜かない非抜歯法があります。矯正治療においては、口元を美しくするのを重要要素であります。
写真のようにかなり強いガタガタ(叢生)の人でも歯を抜かないで治療できました。また、口元も決して突出はしていません。

人の顔には面長の人もいれば短顔の人もいます。面長の人は下顎の成長する方向が下方成分に強く、短顔の人は前方成分が強い為奥行きのある顎に成長しますが、面長の人は成長してもそれ程の奥行きが期待できません。

面長の人を無理に抜かないで並べると、顎に収まりきらず前方に突出した歯並びになり美しい口元にならない場合があります。

治療前 治療後
ページのトップへ↑