戸村矯正歯科クリニック 顎口腔機能診断施設・育成更正医療指定機関
トップページ 医院紹介 治療の流れ・費用 治療例 二期治療とは 矯正のメリット 初診のご予約
Malocclusion Example 治療例
不正咬合の代表的なパターン
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」と呼ばれるもので、日本人に多い不正咬合です。上の歯が極端に前に突き出る場合や上あごの骨ごと飛び出している場合もあります。
反対咬合(はんたいこうごう)
下の前歯が上の前歯より前に出ている咬み合わせで、「受け口」の原因です。
叢生(そうせい)
「八重歯」や「乱ぐい歯」のこと。八重歯は犬歯が飛び出している状態で、乱ぐい歯は歯並びがデコボコな状態です。
正中離開(せいちゅうりかい)
いわゆる「すきっ歯」と呼ばれるもの。前歯に間が出来た歯並びのことです。
開咬(かいこう)
奥歯を咬み合わせた際に、上下の前歯が咬み合わずに開いた状態になります。
過蓋咬合(かがいこうごう)
上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている歯並びのこと。下の歯が上あごの裏側をかむため、上あごの歯肉が腫れることもあります。
交差咬合(こうさこうごう)
咬みあわせが左右にずれている歯並びで、あごや顔が左右に曲がっていることがある。

本格矯正症例
反対咬合:治療前   反対咬合:治療後
ガタガタ(叢生)を伴う、反対咬合。下唇の突出も改善されています。
上顎前突:治療前   上顎前突:治療後
口元の突出が認められる上顎前突。口元の著しい改善が認められる。
上下顎前突::治療前   上下顎前突::治療後
口元の突出が認められる上下顎前突。口元の改善が認められる。
開咬:治療前   開咬:治療後
開咬を伴う下顎前突。咬みあわせの改善が認められる。
ページのトップへ↑